MENU

闇金融から借り入れてしまった時の対処法

闇金融業者から借り入れてしまったら、どの様に対処しなければならないのでしょうか。悪徳業者と対峙してしまえば、個人の力のみでは限界があります。度重なる取り立ては、相当な精神的ストレスとなるはずです。

 

 

たとえば悪徳業者から脅迫行為を受ければ、警察に通報して対処してもらうことが可能です。しかし、警察が動く場合には、数々の証拠が揃ってからでないと難しいため、時間がかかります。その間にも取り立てが継続されるため、すぐに状況を改善させることはできません。また、実態の掴めない業者であれば、警察は動けません。

 

この様なケースでは、法律の専門家に相談されるのが良いです。闇金融業者の行為が違法であっても、法律の知識が無ければ正しく対処できません。法律の専門家はその知識を習得しているため、しっかりと対処できるはずです。しかし、法律の専門家に頼り切るのでは駄目です。最後はやはりご自分の力で乗り越えなくてはなりません。闇金融の借金返済の相談はこちらから

 

闇金融業者から返済を請求されても、それを支払わないことが重要です。相手は法律に反する行為であると、認識しながら取り立てを行っているため、簡単には引き下がりません。それを止めさせるためには、最後まで決して支払わないことが大切なのです。

 

自己破産とは別の借金整理

債務整理は消費者金融やクレジットカードといった所のいくつかの業者から借金をし、また借金が重なったために返済ができず、生活に苦しんでいるいわゆる多重債務者といった方が利用する自己破産や個人再生といった制度をまとめて言うときの言葉です。

 

よく自己破産とイコールにされることがありますが、自己破産とはすべての借金の返済義務がなくなり経済的には有利な状態へと戻ることが可能です。そのかわり生活必需品ではない贅沢品や高額な物といった財産が処分され、そして一定期間は特定の職業へ着くことが制限されます。

 

個人再生では財産の処分や職業の制限といったものはありませんが、借金の返済義務がなくなるわけではなく減額されるだけなので返済はその先数年間続いて行きます。お金が返せない問題を解決する

 

他にも特定調停や任意整理といったものがありますが、この二つは混合されることが多くどちらも取り立てが止まります。しかし任意整理は裁判所を通さず、あくまでも和解交渉であることで、また取り立てが止まる時期といったものも変わってきます。

 

また過払い金がある場合は特定調停では取戻すことが困難な場合もあり、どの債務整理が適切なのかは現在の状況や借金額、財産の有無にも左右され複雑になってくるので、詳しくない方は弁護士などの詳しい方に依頼すれば最善な方法を選んで話を進めてくれるでしょう。